坐骨神経痛・鍼灸|かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。太田市のはり灸整骨院・スポーツ外傷・むちうち交通事故治療、骨盤矯正は かわうち はり灸整骨院にお任せ下さい。

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム

坐骨神経痛・鍼灸

坐骨神経痛
当院の坐骨神経痛治療についてご紹介させて頂きます。


坐骨神経痛に悩まれている方は、多いのでは無いでしょうか?

坐骨神経痛になる原因は、たくさんありますが主に多い疾患について解説させて頂きます。

まず、有名な疾患として 腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群、腰椎すべり症、脊椎腫瘍・脊髄腫瘍
がなりやすい疾患では無いでしょうか!

当院に来院される方で多いのは、腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群・腰椎すべり症です。

腫瘍に関しては、はり灸整骨院適応外です。

末期の緩和ケアであれば、当院にて施術しております。


上記疾患にて一番多い、腰椎椎間板ヘルニア・梨状筋症候群について少々解説し当院の治療法を案内します。

ヘルニア
腰椎ヘルニアは、日本人の実に60%以上の方がなっております。

しかし、発症しているかは別です。発症している方は、上記のなかの20%位では、ないでしょうか!

ですからMRIを撮りヘルニアと診断されている所と痛みの部位と痺れの場所が一致しないことが多々あります。

ですからもしヘルニアと診断を受けて現在の治療に不安がある方は、当院にご相談下さい。

梨状筋

次に梨状筋症候群と言う疾患です。


お尻の筋肉が悪さをして、坐骨神経痛を起こす疾患です。
坐骨神経は、自分の小指ほどの太さがあります。
かなり太い神経になりますので、圧迫されると痺れ、痛みを引き起こします。

想像してみてください。
腕枕をして寝てみてください。ビリビリと痺れ来ませんか?
そんな状態が続けば、感覚もおかしくなります。
椎間板ヘルニアよりもこちらのほうが、一般的には多いです。

では、どの筋肉が悪をするのでしょう?
それは、梨状筋というお尻の深いとこにある筋肉が固まったり、うまく伸び縮みできない時に起こります。
そういう場合、当院では梨状筋に届く鍼を使用し坐骨神経の開放を行います。
そして坐骨神経になってしまった原因を追求し、予防法もお教えします。
お気軽にお問い合わせください

PageTop