右腓骨外果骨折(外くるぶし)の剥離骨折です。 太田市整骨院の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年03月18日 [詳しい内容]

右腓骨外果骨折(外くるぶし)の剥離骨折です。 太田市整骨院の患者さん

本日の症例は、右腓骨外果の剥離骨折です。

10歳  男の子

負傷原因)日曜日に野球をにてベースランニング中に何かの紐に引っかかり、右足関節を内反強制され負傷した患者さんです。

当日は、当院休診日であり近隣の救急外来を受診。捻挫の診断を受け簡易的なシーネ固定をされていました。

所見)右腓骨外果に圧痛(tenderness) ++ 荷重痛(Gait pain)  ++  前距腓靭帯 + 踵腓靭帯 ー

内反ストレスtest(+) 前方引き出しtest ー

骨折

エコー画像)骨


施術) LIPUS(骨折専門治療器) 微弱電流 アイシング

処置) ギプス固定 提携整形外科への対診

骨


診断)右腓骨外果剥離骨折
骨2

骨3

経過)前日の救急外来にて捻挫の診断を受けておりましたが、所見・エコー画像にて子供に多い骨端線(成長軟骨)が折れていると確信を

持っておりましたので、再度お父さんに説明し整形外科へ行って頂きました。

救急外来は、整形外科医が常勤している事が少ないので仕方がなかったのかもしれません。

しかし当院は、骨と筋肉の専門ですので見逃してはいけません。

このように当院では、所見を詳しくとりますので安心してお任せ下さい。

かわうちはり灸整骨院 
373ー0013
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop