腰痛シリーズ第6弾 下半身の硬さによる腰痛 - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年03月04日 [詳しい内容]

腰痛シリーズ第6弾 下半身の硬さによる腰痛

本日の症例は、下半身の柔軟性不足による腰痛です。

下半身2


自宅や仕事場で重たいものを持ち上げようとした時に、膝を曲げずに持ち上げたり・介護をして移乗しようとした時に股関節や膝を曲げずに

持ち上げようとしていませんか?


そうすると上半身に過度の力が働き、腰の筋肉を使い過ぎてしまいます。

→その状態が長く続けば、バテます。 

→人間の防衛反応でこれ以上使わせないように固くなります。

→筋肉が伸びなくなります。

→動く幅が狭くなります。

→でも仕事なので使い続けます

→常に痛い 慢性化して行きます。
下半身1
※ このサイクルを何処かで止めなければなりません。 それには、どこの下半身の筋肉が硬いのか鑑別することが大切です。

左右差は? 前かがみをして床に手が付きますか? 片足正座をして上半身を倒せますか?
下半身1
上記以外にもっと細かく鑑別して原因を追求します。

腰だけをモミモミしても、その場では楽になりますがすぐに戻るというサイクルを一度立ち止まって考えてみるのもいいと思いますよ(^^)

また、これは慢性だから治らないと諦めている人にも非常に有効です。

実際、当院では沢山の諦めていた人が腰痛を卒業されています。

どこにいっても治らないと諦めていた方程、当院では得意としています。

ぜひご相談下さい。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284-64-9605
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop