頚椎ヘルニアの患者さん  太田市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年01月04日 [詳しい内容]

頚椎ヘルニアの患者さん  太田市の患者さん

新年あけましておめでとうございます。
岩野さん



今回の患者さんは、頚椎ヘルニアの患者さんです。
この患者さんは、当院に膝の治療で通院していた患者さんです。
頚部の受傷当日に首が回らくなり、また右肩が上がらなくなってしまった患者さんです。受傷当日は、当院に膝で通院しておりまた会社の人の勧めもあり整形外科を受診。そこで、一年に3度寝違えを起こすのは、おかしいとMRIを撮られたそうです。そうしましたら頚椎ヘルニアが見つかりリハビリをしていたそうです。
どのような内容か尋ねると、肩を擦るだけで他のことは何もしないとのことでした。(決して大げさではなく患者さん訴えをそのままに書いております。)




所見) Jackson test(ー)、Spurling sign(−)、
    頚椎 左側屈 20° 右側屈 40° 左回旋 15° 右回旋 25° 伸展 10° 屈曲 35°
    右三角筋・ MMT 4 上腕二頭筋 MMT 5 感覚神経障害(ー)


施術) 頸部〜肩関節にハイボルテージによるEMS治療(運動神経の働きを助ける)・頚〜背部の筋膜リリース・PNF

今後) 受傷から二週間以上経過しているので頸部を触って治療をしていきます。頚椎ヘルニアは、非常にデリケートな疾患です。もし万が一強いマッサージなどで症状が悪化してしまったら大変です。その場だけの気持ちよさを求めたら危険です。しっかりとした検査を当院でも行い、根拠のある治療をしていくことが大切です。
当院でも問診・検査・リハビリ計画・患者さんの納得・了解を得てしっかりと治療に入っていきます。
もし、このような過程を得ない治療院があるとすれば危険だと思って下さい。



当院では、そのようなことは絶対にしませんので安心して下さい。

頚椎ヘルニアでお困りの方は、ぜひご相談下さい。



太田市 足利市 佐野市 桐生市

かわうちはり灸整骨院
太田市市場町672-3
0284-64-9605

http://jun-hariseikotu.com/
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop