右 母指ばね指 親指の付け根の痛み  足利市の患者さん - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2015年12月25日 [詳しい内容]

右 母指ばね指 親指の付け根の痛み  足利市の患者さん

今回は、ばね指とMP関節障害についての症例です。

親指2
親指


63歳  女性

原因) この患者さんは、定年になるまで親指を多く使用する仕事についており、現在も家事や娘さんのお産に備えて準備している現況です。
今までも、他の整骨院や整形外科に通院しておりました。整骨院では、マッサージと電気・整形外科では、注射と湿布という形でした。


所見) 右手第一指 IP関節 弾発指  圧痛(+)弾発時に痛み・
 右手第一MP関節 伸展(++)屈曲(+)、圧痛(+)・ 右手関節 背屈最大 60°(自動運動)


エコー検査) 右手IP関節 腱鞘の肥厚(+)・ 炎症所見(+)

施術) 前腕の筋膜リリース ・ ハイボルテージのよる鎮痛処置 ・ 鍼治療 ・ 関節にLIPUS(超音波)

処置)ギプス固定


経過) この患者さんは初診当日は、ギプス固定はしませんでした。親指というのは使用頻度が高いですし、ましては利き手です。ご家族の協力が無ければギプス固定をするべきでないことを伝えました。しかし、ギプス固定をすれば、痛みからの開放・治癒する期間の短縮に確実になることを伝えさせていただきました。 なんでもかんでも患者さんの事を考えずにギプスを巻いてしまうと、患者さんにも生活があります。よく患者さんとコミニュケーションを取りながら治療プランを立てることが大切だと思っております。

ぜひ、どこに行っても親指が治らない方はご相談して下さい。


太田市・足利市・桐生市・佐野市

群馬県太田市市場町672-3

0284-64-9605

かわうちはり灸整骨院



このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop