新着情報&ブログ | かわうちはり灸整骨院は太田市、足利市から通える整骨院です。

かわうちはり灸整骨院
  • HOME
  • 当院について
  • 症例集
  • お問合せ
  • お役立ち情報

ビジネスブログ

2018年03月20日 [詳しい内容]

腓骨外果骨端線損傷(疑い)と 上腕三頭筋(二の腕)について

本日の患者さんは太田市在住の女子中学生の方です。

柔道の大会にて足首を捻り負傷。歩く際に痛みが強く引きずってしまうということで来院されました。



症状)腓骨外果骨端線

   Tenderness(+) Swelling(+) 叩打痛(+) Gaitpain(++)

         前距腓靭帯 踵腓靭帯

   Tenderness(+) Swelling(+) 内反Stress(+)



処置)アイシング 超音波 ハイボルテージによる電気療法

   ギプス固定

1

骨端線とは骨の成長に関わる子供にとってとても重要な部位です。

この部位を損傷してしまうと骨の成長障害が引き起こされるリスクがあります。

その為しっかりとした固定をする必要があります。ただの捻挫だと思い放置していてなかなか痛みがとれないという場合は

骨に異常があるかもしれません。

今回の患者さんはギプス固定をして安全に施術をしていきます。ギプスは膝下から足のMP関節付近まで固定します。

足の裏にヒールをつけることによって歩行も可能になります。

固定後は患部のあるところに穴を開けることにより超音波をかけることが出来るので治癒促進にも繋がります。

固定期間はおよそ一週間〜10日を予定していて、その後はリハビリ中心に施術していきます。





ここからは筋肉の説明をさせていただきます。                                                    

本日は「上腕三頭筋」についてです。                                                        

上腕の後面に存在していて、一般的に二の腕と呼ばれる筋肉です。

長頭・内側頭・外側頭に分かれ、3つの起始を持っています。

長頭は肩甲骨の関節下結節から、

内側頭は上腕骨後面(橈骨神経溝より内側)から、

外側頭は上腕骨後面(橈骨神経溝より外側)から起始し、尺骨肘頭に停止しています。

肘関節の伸展、長頭のみ肩関節の伸展・内転に作用し

長頭は腋窩神経、内側頭・外側頭は橈骨神経に支配される二重神経支配筋になります。

上腕筋群の中で最も体積が大きく

長頭は肘関節と肩関節をまたぐ二関節筋、

内側頭・外側頭は肘関節のみまたぐ単関節筋になります。

1



上腕三頭筋は腱となって肘関節の肘頭についています。

そこが何度も引っ張られ、損傷がおこって炎症が起きている状態が上腕三頭筋腱炎です。

とくに、オーバースローなど腕を縦振りで投げる選手などに多くみられます。

痛む部位は腱が肘に付く部分で、肘の一番出っ張っている骨(肘頭)の少し上の部分です。

繰り返しの負荷がかかることで肥厚して炎症をおこしてしまうので、

日頃からストレッチやトレーニングをして予防していきましょう。

また、上腕三頭筋の肩関節に付着している部位での炎症・骨損傷で

「ベネット病変」というものもあるので注意してください。



  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • PageTop

    • メールでのお問合せはこちら
    • twitter
    • facebook
    • ekiten
    • line