2017年04月04日 - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2017年04月04日 [詳しい内容]
邑楽郡 男性
 4〜5日前から右背部の痛みと、
右上腕外側にチクチク刺すようないしびれが発生し、来院されました。
立位で腕を拳上したり、仰臥位で寝ると悪化するとのことでした。


過外転症候群

所見) ・右背部(菱形筋)の圧痛
      ・C5領域のしびれ
      ・Wright test(+)
      ・肩甲帯の回内

処置) ・ハイボルテージによる電気治療
      ・(疼痛緩和、小胸筋の筋緊張緩和)
      ・鍼治療

過外転症候群は、胸部出口症候群の中の1つで、
胸部の小胸筋という筋肉によって腕神経叢、鎖骨下動脈が圧迫されて、
上肢へしびれや疼痛などの障害が発生します。
また、小胸筋の緊張が強くなると、上腕骨の内旋が強くなり、
肩甲帯が回内した不良姿勢が著明にでている方が多いです。
今回の患者様は、普段からジムへ通い、行っていた筋トレにより、
肩甲帯周りの筋のバランスがくずれ、胸筋の強化、背筋群の弱化などが原因となり、
過外転症候群が発生したと考えられます。
今後は、トレーニング指導と、猫背矯正の施術にて姿勢の改善を行っていきます。




PageTop