右膝半月板損傷 太田市の患者さん スノーボードで負傷 - 新着情報&ブログ

かわうち はり灸整骨院
お問合せフォーム
2016年04月22日 [詳しい内容]

右膝半月板損傷 太田市の患者さん スノーボードで負傷

本日の患者さんは、右膝半月板損傷 太田市の患者さんです。

負傷原因) スノーボードにて気持ちよく滑っていた際に転倒し、足が固定されていたため右膝を強く捻り負傷。

その後、右膝が大きく腫れ負傷。ケンケンの状態でした。

ひざ


所見) 膝外反ストレスtest (+) 30°外反ストレスtest(+) MucMurray test (+)

      Lachman test(ー) 右膝内側半月板に圧痛(+) 腫脹(+)
 
      右膝内側側副靭帯 同時損傷

エコー検査)
半月板1
半月板2


施術) LIPUS(微弱超音波)←半月板治療 ハイボルテージにて鎮痛処置 アイシング 


処置)ギプスシーネ固定



経過) こちらの患者さんは、膝の靭帯と半月板をダブル受傷してしまいました。 膝の内側は、しっかり治療しておかないと膝が緩んでしまい

後々、変形性の膝関節症になってしまいます。しっかりとした固定・固定期間のリハビリ・患部の器械による治療をし早期回復・早期復帰を目指します。
簡易的なサポーターでは、悪化を繰り返すだけです。
当院では、エコー検査機器が有りますのでどの位回復したかを目で見てお伝えすることができます。
また半月板には、医学的に上記のLIPUS(微弱超音波)しか回復しないと言われてます。

しっかりとした科学的根拠に乗っ取り、治療していきます。

お任せ下さい。

かわうちはり灸整骨院
群馬県太田市市場町672-3
0284−64−9605




このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop